トピロリック

こちらのページでは医療用医薬品を適正に使用していただくための情報を、
日本国内の医療関係者(医師、薬剤師、その他医療関係者等)を対象に提供しています。
日本国外の医療関係者及び一般の方に対する情報提供を目的としていないことをご了解ください。

あなたは医療関係者ですか?

腎機能低下抑制を考慮した高尿酸血症治療 ~血清尿酸値6.0mg/dL以下を目指す意義~編

山形大学大学院医学系研究科 公衆衛生学・衛生学講座 教授 今田 恒夫 先生

5分でわかるトピロリック®

6分21秒

心腎連関からXOへの治療介入の可能性を考える

名古屋大学大学院 医学系研究科 循環器内科学 教授 室原 豊明 先生

4分40秒

冠動脈疾患リスクとなる新たな因子とは?

名古屋大学大学院 医学系研究科 循環器内科学 教授 室原 豊明 先生

5分23秒

高尿酸血症で血管内皮に何が起こるのか?

名古屋大学大学院 医学系研究科 循環器内科学 教授 室原 豊明 先生

5分14秒

血中XOが腎機能に与える影響

帝京大学 ちば総合医療センター第三内科(腎臓内科)教授 寺脇 博之 先生

6分37秒

トピロリック® 使用成績調査 54週時報告 編

6分33秒

XOR阻害剤トピロリックの臨床的エビデンス

東京慈恵会医科大学 名誉教授 細谷 龍男 先生

7分17秒

腎機能低下抑制を考慮した高尿酸血症治療 ~血清尿酸値6.0mg/dL以下を目指す意義~編

山形大学大学院医学系研究科
公衆衛生学・衛生学講座 教授 今田 恒夫 先生

8分49秒

高血圧を合併した高尿酸血症患者におけるトピロリックの有効性

東北大学大学院医学系研究科
難治性高血圧・内分泌代謝疾患地域連携寄附講座
特任教授 佐藤 文俊 先生

8分27秒

CKD発症・進展抑制を考慮した高尿酸血症治療の重要性

奈良県立医科大学 腎臓内科学 教授
鶴屋 和彦 先生

4分58秒

血清尿酸管理目標値6.0mg/dL未満を見出した傾向スコア分析の手法

帝京平成大学 教授・国際交流センター長
帝京大学 医学部 内科学講座 客員教授
内田 俊也 先生

7分18秒

高尿酸血症は臓器障害のリスク因子か? 編

鳥取大学大学院 医学系研究科 再生医療学分野 教授
久留 一郎 先生

5分55秒

トピロリック® トピロキソスタット使用成績調査(中間報告)編

東京医科大学 腎臓内科学分野 主任教授
東京医科大学病院 副院長 菅野 義彦 先生

5分54秒

血清尿酸値 6.0mg/dL達成の意義

鳥取大学大学院 医学系研究科 再生医療学分野 教授
久留 一郎 先生

3分24秒

トピロリック® UPWARD試験 編

早期腎症期の糖尿病腎症を合併した高尿酸血症患者を対象としたUPWARD試験におけるトピロリックの有効性についてご紹介します。

3分48秒

トピロリック® ETUDE試験 編

糖尿病腎症を合併した高尿酸血症患者を対象としたETUDE試験におけるトピロリックの有効性についてご紹介します。

3分08秒

トピロリック®の腎への影響

腎障害を合併した高尿酸血症治療におけるトピロリックの特徴についてご紹介します。

4分07秒

トピロリック®とは

高尿酸血症治療におけるトピロリックの特徴についてご紹介します。

推奨視聴環境はこちら

・Windows
【OS】Windows 8.1以降
最新のMicrosoft Edge、Internet Explorer、Chrome、Firefox

・Macintosh
【OS】Mac OS X 10.11以降
最新のSarari、Chrome、Firefox

・スマートフォン、タブレット
ライブストリーミング再生に対応している端末であれば、基本的に視聴が可能ですが、各社端末の仕様によって動作が異なります。
Wi-FiやLTEなど高速で安定したインターネット接続をご利用ください。

※各ブラウザでは、JavaScriptの使用が必須です。
※視聴環境によってはFlashPlayerでの再生となる為、FlashPlayerでの視聴の際はFlashPlayerプラグイン(最新バージョン)が必要です。